ムスリムが増加する理由

世界の宗教別人口は、キリスト教徒が最も多くなっており、次いでイスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教の順になっています。

しかし、イスラム教は世界で最も成長の速い宗教であり、世界人口の平均成長率より2培近いスピードで増えています。宗教別の人口では、2070年までにキリスト教徒肩を並べ、2100年にはキリスト教を追い越し、世界最大の宗教になると予測されています。

イスラム教の急速な成長について、いくつかの要因が挙げられます。

1つ目はイスラム教徒の出生率の高さです。イスラム教徒の女性は1人当たり平均で3.1人の子どもを産み、これは宗教別では最も多いとされています。

2つ目は若者人口の多さです。イスラム教徒は宗教別で最も若い人が多く、34%が15歳以下といわれ、平均年齢が低くなっています。

3つ目は改宗者の急増です。2050年までに1億600万人がキリスト教徒をやめ、イスラーム教がその改宗先として最も多くの割り合いを占めることが予測されています。

また、イスラム教の戒律もイスラム教徒が増加する要因となっています。

例えば、イスラム教では避妊と中絶を戒律で禁じられています。これが、イスラム教徒の出生率の増加に繋がっているかもしれません

それから、イスラム法では親がイスラム教徒の場合、子ども自動的にイスラム教徒になり、棄教すると原則として認められていません。

そして、イスラム教徒の女性はイスラム教徒の男性以外と結婚することを禁じられています。また、イスラム教徒の男性はイスラム教徒以外の女性と結婚する場合、女性がイスラム教に改宗しなければなりません。

これらがイスラム教徒の人口の多さや信者が増加する要因だと理解することができます。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon