今やムスリムの世界における人口は、18憶人ともいわれており、

世界人口の3分の1に達するという予測データがあります。

 

そして、そのファッションマーケットの市場規模は近い将来、

3,270億ドルに達すると予測される超巨大なマーケットです。

 

しかし、日本のファッション製品は世界で人気を博している

にも関わらず、ムスリム商圏への参入は遅れているのが現状です。

 

経営者として、そんなマーケットを見逃したくはない。

しかし、以下のような悩みがあるのではないでしょうか?

 

☑ 宗教が絡むと商品としての制約が多くて難しそう。

☑ イスラーム教徒の人に対してのビジネスって危なさそう。

☑ これから本当に日本でのビジネスチャンスが増えるのだろうか。

☑ 物価の安い海外に進出をして本当にチャンスがあるのだろうか。

☑ そもそも、どんなファッションが流行しているのか分からない。

 

参入障壁の根本的な問題はたったひとつです。

それは、「圧倒的な情報不足」です。

しかも、はるか遠い海外にしか情報がないのが現実です・・・・

 

安心して下さい。

私たちは現地の調査で明らかにした、リアルな役立つビジネス情報を持っています。

高いと思われていた日本人のムスリムファション商圏への参入

実は、日本人だからこそ参入障壁が高くない「5つのポイント」がありました。

 

続きをよむ>>