ムスリム共通のあいさつ(アッサラーム・アライクム)

「アッサラーム・アライクム!」みなさんはこの言葉を耳にしたことがありますか?

これはイスラーム教において一般的な挨拶であり、いわゆる日本語の「こんにちは」にあたります。

「アッサラーム」はアラビア語で平和を意味していて、全訳すると「あなたに平安がありますように」となります。

このあいさつはアラビア語圏だけでなく、全世界にいるムスリム共通のものとなっています。

東南アジアや中東、ヨーロッパなど、出身国がどこであれ、ムスリム同士が会った場合、まず最初にかける言葉は、朝、昼、晩を問わずいつでも「アッサラーム・アライクム!」。

また、この挨拶は人と出会ったときの「こんにちは」以外にも、家を訪問するときの「ごめんください」、帰宅したときの「ただいま」、電話での「もしもし」、別れる時の「さようなら」にも使われています。

そして、あいさつをされた方は「ワ・アライクムッサラーム」と返すことが決められています。これは「あなたにも平安がありますように」という意味です。

なお、イスラーム教では、挨拶を始めることはスンナ(推奨)とされていて、挨拶を返事することはワージブ(義務)となっています。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon