イスラム教の起源

イスラム教は唯一絶対の神、アッラーを信仰する一神教です。

アッラーは神の名前ではなく、アラビア語で「神」という意味を持ちます。

イスラム教は「神(アッラー)は唯一にして、ムハンマドはその使徒である。」ということを信じ、神(アッラー)がムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーンの教えに従う宗教です。

イスラムという言葉には「神への帰依」という意味があり、帰依というのは「深く信仰し、その教えに従う」ということです。

イスラム教の大きな特色としてはアッラーへの奉仕(ハブル・ミナッラ―)を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感(ハブル・ミナンナース)を重んじる点です。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon