「忌避」

四つ目の五範疇は「忌避」であり、マクルーフ(嫌がられる)と言います。

マクルーフはハラームほど絶対的ではないものの、イスラームの教えでは行わないこと、避けることが求められている事柄を示しています。代表的なものは喫煙ですが、その他に離婚、避妊、中絶などがあげられます。

また、マクルーフは二つに分けられていて、ハラームに近いマクルーフとハラールに近いマクルーフがあります。

マクルーフの事柄は行っても罪になりませんが、避けた場合は報酬(サワーブ)を得ます。