​ヒジャブのサイズ

ムスリムの市場では、様々なヒジャブの形や素材があり、サイズも異なります。

国によって、ヒジャブのトレンドも違います。

 

しかし、主に東南アジアでは、ヒジャブの種類が二つあります。

パスミナ(pashmina)という長方形のヒジャブと四角のヒジャブ (jilbab segi empat)があります。

パスミナは、素材やサイズによって巻き方のバリエーションが豊富で、おしゃれしたい方に人気があります。パスミナのサイズは、縦長が横幅の2倍の長さというサイズが基準となります。一番よく市場で見かけるのは、160センチx50センチか、180センチx70センチが多いです。

 

そのほかにも、ストールとして使用するパスミナとスーパーサイズのパスミナもあります。ストールのサイズはもっと小さく、150センチx30センチが通常です。それに対し、スーパーサイズのパスミナは、通常よりもっと大きく、200センチx150センチのサイズも存在します。

 

一方、四角のヒジャブのサイズは、基準として、100センチx100センチか、115センチx115センチのサイズが通常です。四角のヒジャブは、パスミナより割と簡単に巻けられるので、ヒジャブ初心者やヒジャブを始めたい方におススメです。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon