​ヒジャブの色

ヒジャブの色は国によって異なる色が好まれています。色はその国のアイデンティティにもなります。

 

イスラム教では、特定な色をつけないといけないというルールはコーラン上では指定されないため、現代のムスリムの女性は、自分好みの色を使ってお洒落にヒジャブを着こなすことが主流になっています。

 

たとえば、インドネシアでは、パステルカラーが若者に人気上昇中です。ベイビーピンクやピーチ色など、様々な洋服にあわせて着ていることが多いと見られます。例えば、暗い洋服を明るい色のヒジャブで合わせたりすることで、お洒落感を出します。

 

そのほかにも、若者の間に柄物が注目されています。可愛い柄のヒジャブとモノトーンの洋服に合わせて、大人っぽいキャジュアルなスタイルが様々ヒジャブのモデルさんに人気です。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon