​インドネシアのお風呂事情

インドネシア人は、1日2回もシャワーを浴びます。

 

暑い季節が一年中続いているため、2回浴びるということは通常だと思うでしょう。もちろん、全員がそんな感じのわけでもないですが、大抵の人は1日2回水を浴びます。

 

そうです、お湯ではなく、水で体を洗います。

 

インドネシアの家庭に行くと、日本のようにお風呂場を持っている人は少ないです。お金持ちではなければ、バスタブを持っていることはとてもお金がかかります。大体大きな水置き場で水を蛇口から出して、そこに貯めて、体を洗う時に、小さいバケツで洗います。このバケツは、gayungと呼びます。

 

中間層に行くと、シャワーを持っている人が増えます。時々、お湯付きシャワーも見かけます。しかし、お湯を設置することは、お金と時間がかかり、相当なお金持ちではないとなかなかできないでしょう。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon