​インドネシアの名刺事情

インドネシアでも、日本と同じように、名刺というものが存在しています。

 

しかし、実際インドネシア社会に出ると、会社員や政府関係の人たち以外で、名刺を持っている人は少ないでしょう。日本では、名刺文化がとても深く社会に染み付いており、仕事をする大人がだれでも名刺を持つことが主流となっていますが、インドネシアでは違います。

 

インドネシアでは、名刺で自己紹介することはほとんどなく、基本的に名刺を渡すことは、住所や電話番号などの、詳しい情報を知りたい時にだけ使います。会社によって異なりますが、大体のスタッフは名刺を持っていないまま仕事をすることは多いです。

 

名刺は、会社の偉い人や政府関係の人にしか使われていないというイメージがインドネシアにあると考えられます。