インドネシアの携帯電話事情

ここ最近では、インドネシアでのスマートフォン普及が加速して、富裕層から貧困層まで、だれでもスマートフォンが持ち歩ける社会になりつつあります。

 

日本と同じく、大手キャリアの会社はインドネシアにも存在します。

そのなかでいくつかの有名な携帯会社を紹介しますと、「Telkomsel」「Indosat」「XL」などがあります。

 

日本とインドネシアの大きな違いは、そのお支払い方法です。

 

日本でいう契約してから一ヶ月に一回定格な料金を口座から引き落とすという「ポストペイド」(pascabayar)の方法が主流ですが、インドネシアは日本と対立で、「プリペイド」(prabayar)を使う利用者は約98%をしています。利用する分だけチャージして使うというプリペイドカードがほとんどなので、一つのキャリア会社に留まらず、複数の会社を同時に利用することが可能です。

プリペイドカードにチャージする料金は、インドネシア語でプルさ(Pulsa)と呼ばれています。

 

このプルさは、様々なところでチャージができます。コンビニやATM、そしてプルさ売店とかでお求めやすくなります。

© 2015 一般社団法人 日本ムスリムファッション協会  
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon